第1章 サムライ商法にダマされるな!

《コラム》国会議員の定数削減は全く必要ない

目次へ


増税するとなると、決まって反対派から、国会議員も身を切れという話が出てきて、国会議員の定数削減が取り沙汰されたりもするが、どうだろうか?
600人ほどいる国会議員、1人1億円と見て600億円、これを半減したとしても、年間300億円、国民1人あたり300円程度の節約である。
それくらいのカネは町内会でも取っている。
はっきり言おう、国会議員の定数を削減する必要は全くないし、議員報酬を引き下げる必要も全くない、それに見合う仕事をしてくれればそれでよい。
国会議員諸君、学者に騙されてはいけない。 身を切れ論は時間稼ぎ、茶番である。
学歴税(大学リストラ法)を早急に制定し、教育コストを削減してもらいたい。

大学を否定するわけではないが―――少なくとも「教育コストの増大が、少子化に結びつく事のないシステム=生涯学習社会」に移行すべきである。

前へ次へ

Copyright (C) 2017 K.M. All Rights Reserved.