第2章 「学歴税」を導入せよ!

2−19 学歴と封建制度

目次へ


「受験地獄」「非行問題」「ニート」その他、今日の教育問題は、十中八九「親のすねをかじって大学に行くガクレキ封建体制」に起因しており、それを破壊すればほとんど解消する。
鳴り物入りの教育改革など要らない。 そんな事をしなくても、教育相続税を導入すれば、各大学は改革を迫られる。

これまで述べてきたように、教育相続税は「親のすねをかじって大学に行く」事を一種の「贈与・相続」と見なして厳しく課税する税だ。 それは、親の見栄メンツのための学歴取得を抑止し、若者の自立を促し、良好な親子関係を築くための税だ。

教育相続税のほかに必要な税には「学歴税」がある。
「雨露をしのぐための生活必需品である」家にまで課税されるのに、なぜ贅沢品にすぎない学歴、見栄メンツのための学歴に課税されないのか、学歴こそ課税すべきである。
という視点に立った税が学歴税である。

この学歴税の発想は、これまで誰も言えなかった、いわばタブーであった。
ただ、私は学歴そのものの毒性は、単体ではそれほど強くないと見ている。
従って、学歴税の税率はそれほど厳しくする必要はない。消費税程度で充分だろう。
大卒以上の学歴保持者は、収入に応じた学歴税を支払い、その税収は国連を通じ、貧しい国に分配されるというのはどうだろうか?
また、一方的援助ではなく、相互援助方式を取り、援助を受ける国にも、学歴税を導入してもらい、将来、援助する側に回ってもらうというのはどうだろうか?
つまり「世界に広げよう学歴税の輪」というわけである。

点数稼ぎの「にわかボランティア」ではなく、一生を通じてボランティアをしようと覚悟を決めた者だけが、大学へ行けばよろしい。

こう考えれば、学歴税は人を謙虚にし、世界の役に立つ有用な税となる。

本当に悪いのは学歴そのものではなく、学歴と封建制度が結びついた「ガクレキ封建体制」である。 学歴と封建制度が結びつき、つまりそこに「親」がしゃしゃり出て「親のすねをかじって大学に行くガクレキ封建体制」が形成される。
すると毒性は、学歴単体の数十倍にアップする。

学歴 + 封建制度 = ガクレキ封建体制

その結びつきこそが、子供を苦しめ破滅を引き起こしている。
だったら、「その結びつき」を断とう、というのが教育相続税である。
本丸は学歴そのものではなく「ガクレキ封建体制」にあるのだ。

まとめると、次のようになる。

@ 学歴そのものに課税する学歴税
A 学歴と封建制度との関係を断ち切る教育相続税

この2つを導入することで、今日の日本が抱える問題の多くは解決する。

前へ次へ

Copyright (C) 2017 K.M. All Rights Reserved.