第3章 少子化・年金問題はこうやって解決する

3−6 鬼に金棒「子供限定ベーシックインカム」

目次へ


今日における日本の停滞は、永田町の機能不全にもよるが、それ以上に致命的なのは、政治家に思想がなく、何をどうすれば良いか分かっていない事である。
政治家は時として「鬼のような」事を言わねばならない、しかしそれを言うためには、思想がなければならない。 思想がないから、目先の人気取りに終始し、失敗するわけである。

そもそも日本社会の停滞はなぜ起こるのか、それは思想を必要とする難しい問題である。 なぜならそれは、どこかに悪い独裁者がいるからではなく、我々個々の心の中にある「ガクレキ」の問題だからだ。
とはいえ思想というと、これもまた軍国主義や共産主義など、きな臭いものばかり出て来るが、国民は何もそんなものは求めていない。 少子化や年金問題を解決する、もっと生活に役立つ思想はないのか!(ちなみに愚衆政治とは、大衆が愚かなのではなく、選択に値する良い思想がない状態を指す、愚かなのは大衆ではなく良い思想を作れない哲人の方である)
甘い事を言い、人気取りに終始する政治家は信用ならないが、かといって厳しい事を言っても、それが思想を伴わない、あるいは間違った思想であるならば、構造改革に正しくつながらず、国民をますます苦しめる(永遠に増税を繰り返す羽目になる)
教育相続税は、その様な税とは異なり、流れを変えるためのムチとしての税である。

前項で私は、奨学金も学割も廃止し、むしろ逆に「親のすねをかじって大学に行くと、ものすごい税金を取られる」社会にすれば、大学を諦める若者が増える。 よほどの大金持ち以外は、大学へは行かなくなるだろう。 そうやって「教育コスト」を削減する。 と「鬼のような」事を言った。続けて、
教育コストをできる限り削減したうえで、さらに国家がそれを肩代わり、国家が子供を養うようにすれば(子供限定ベーシックインカム)鬼に金棒、世界で最も効率の高い、最強の国家が誕生する、とも言った。
さらにこの政策は「教育の機会均等」という観点からも、全く問題ないどころか、むしろ望ましいものである事にも言及した。 これらは明確な思想に基づくものである。

はたして、この思想を論破できる者はいるだろうか!

さらに、話には続きがある。 国家が子供を養う制度になれば、そこに資本が参入し、老人ホームならぬ子供ホームが増え充実する。
現行の児童相談所は、重度の肉体的虐待を救済するのが精一杯であるが、子供ホームが充実し一般化すれば、精神的虐待も含め、すべての虐待に対応可能となる。
「教育相続税」および「国家が子供を養う制度」は、少子化・年金問題を解決するだけでなく、虐待問題をも解決するのである。 それだけではない、さらには大学のあり方、エリートの育成、社会のあり方にも革命を引き起こす。 これらについては、以降に詳しく述べる。

大人のベーシックインカムは無理だが、子供限定ベーシックインカムは、現在の日本の科学技術・生産力でも、充分実現可能である。
政治家の中には「大学の授業料無料」を主張する者もいるが、順番を間違えていると言わざるを得ない。 そもそも「ベーシックインカム抜きの授業料無料」は金持ち優遇の政策と解すべきである、なぜなら生活費がなければ人は生きていけないからであり、貧乏人や虐待された子供は(経済的にも学力的にも)そもそも大学には行けないからである。
というか「授業料無料」とは、実際には金持ち優遇でも貧乏人救済でもなく「学者を食わせるための政策=学者の失業対策」に過ぎないのだが・・・
「大学の授業料無料」の財源確保に関しては、公務員改革(公務員の給料を半減する)を主張する政治家もいるがどうだろうか? 果たしてそれができるかは怪しいが、仮にできたとしても、すべての子供を大学に行かせるほどの財源になるのか、どっちみち増税が必要である。
そもそも公務員の給料が高いのはなぜなのか、それは息子を大学に行かせるため、息子も公務員にしようとしているからである。 つまり一番悪い奴は公務員ではなく学者、大学こそリストラが必要である。

前へ次へ

Copyright (C) 2017 K.M. All Rights Reserved.