第3章 少子化・年金問題はこうやって解決する

3−14 「神の物差し」と「社会主義」

目次へ


前項で私は「競争には見識が必要である」と述べた。
左翼の卑屈な平等論もダメだが、一方で競争競争とバカの1つ覚えみたいに、格差を作り出す事ばかり考えている保守派もダメである。
「見識を持って競争しろ」とは「コスト割れするような過当競争はするな」と言うことである。 そもそも「残業代が出ない」「給料が出ない」時点で「その競争は間違っている」と言えよう。

「給料を払わない」のはコスト管理上望ましくない、だから教育にかかるコストを「見える化」しよう「国家が子供を養う制度」にはそういう意図もある。

ただ、競争と言っても、何をどういう基準で競争させるのかという問題がある。
実際に子供を競争させるのは難しい。
価値観が多様化した現代においては、誰もが「我が道を行く」人の数だけ道があるわけで、競争自体が、なかなか成り立たない。

どうしても競争させたければ、それこそ個性といったものを全面否定し、全員丸刈りの「東大一直線的価値観」に戻すしかない。

保守派の人たちは「左翼の平等論」を批判する、たしかに「悪平等」は良くないだろう。
だが、競争というのもまた難しい、そもそも「人間のすべての能力を数値化できる神の物差し」は存在するのか?
もしも「神の物差し」が地上に存在し、それでもって給料が決まり、物の値段が決まり、経済がまわるとしたら―――それは核爆弾にも勝る強力な兵器である。 それを使えば―――市場経済も民主主義もいらない―――それこそ不正や利権の入り込む余地のない「理想的な能力主義社会」が実現し、これはマルクスが夢見たユートピア「社会主義」である。

社会主義が頓挫したのは「神の物差し」が地上に存在しなかったためである。 もしも「神の物差し」が地上に存在していたら―――社会主義は大成功を収め世界中に広まり、今ごろ世界は、次の発展段階である「共産主義」に移行しているであろう。

「神の物差し」が存在しない以上、評価や競争は必然的に不完全なものとなる。
程々にしておかないと人間を歪める事になる。

丸暗記ばかりで思想のない人間を作るから、オウムのような宗教にやられるわけである。

競争にはメリットもあるが、デメリットも多い、特に人間の多様な能力、多様な価値観を認めない偏狭な競争は、むしろ成長の妨げとなる。
それに何より、給料がもらえないような競争をしてはいけない。

唯一健全な競争と言えば「早く卒業して社会に出る」という事であろうか、とはいえそれは「長い間親のすねをかじって大学に行った者がエラくて」「早く社会に出て働いた者がバカにされる」ガクレキ封建体制の価値観と真っ向から衝突するものである。

前へ次へ

Copyright (C) 2017 K.M. All Rights Reserved.